バルクとは

バルクとはいわば「素材の束」で、細工師の作業台で作ることができます。
ジャンク素材はバラの状態ではベンダーに売ることができませんが、バルク化することで売却が可能になり、キャップを得ることができるようになります。
ただ単に売るために加工するのではなく、中には加工することで重量を軽減できる材料もあります。
CAMP収納箱の重量低減の為にぜひ覚えておきましょう!

バルクを1つ作る度に、バルク化する素材に加えてプラスチックを2つ消費します。
バルク化した素材は手動で分解しなくても、そのまま保管しておけばクラフトなどで必要になったとき自動的に分解されてバラに戻ります。
ただしバルクを分解した時にプラスチック2つは返ってこないので、バルク化するのはプラスチックに余裕ができてきたらにしましょう。

細工師の作業台.png

バルク一覧表

名前(個数)加工前加工後重量差
アルミ(10)10.5-0.5
ガラス(15)0.750.750
ギア(10)110
コルク(10)0.30.30
コンクリート(15)0.750.750
ゴム(10)0.50.50
スプリング(10)110
セラミック(15)0.750.750
プラスチック(10)0.50.50
布(30)1.51.50
木材(30)1.51.50
石油(10)110
接着剤(10)0.50.50
肥料(20)220
酸(15)0.750.750
鉄(30)1.51.50
鉛(20)21-1
銅(10)110
革(15)0.750.750
骨(20)110

結論

鉛とアルミは重量半減。
酸の増殖は1/10のアップデートで修正されました。

コメント

  • プラスチックの項目修正してくださった方ありがとうございます。加工分の2個も重量計算に入れてしまっていましたね‥申し訳ないです -- 管理人? 2018-12-02 (日) 23:47:52
  • いつの間にか酸が15個になってますね。アルミと鉛は据え置きです。 -- 2018-12-06 (木) 05:25:49
  • バルクとはなんだろう?と言う疑問解消しました感謝! -- ずん? 2018-12-31 (月) 07:43:16
  • なるほど、そういう事なんですね。疑問解決しました。 -- 2019-04-14 (日) 08:59:00


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-14 (日) 08:59:00 (127d)