目次

設定ファイル

設定ファイルには Fallout76.ini と Fallout76Prefs.ini の二つがあります
また、同じ場所にFallout76Custom.ini と Fallout76PrefsCustom?.ini を作成することで、前述2つのiniに直接手を加えることなく変更した値を適応させることが出来ます。
特に理由が無い場合はCustomの方に変更したい値を追記していくと管理しやすくなり、ini初期化等に悩まずにすみます
編集する前には必ずバックアップを取っておきましょう

※注意

最新バージョンではiniをいじってもFOVとフレームレートの変更が反映されなくなりました!
FOVは三人称視点で80、一人称で90に固定され、フレームレート上限は63FPSになります。

設定ファイルの位置

ファイルは以下フォルダに入ってます
C:\Users\ユーザー名\Documents\My Games\Fallout 76

Fallout76.ini用の編集項目

DoF(被写界深度)を切る

DoFとは何かにピントを合わせた時に奥の方がボヤける効果のことです

[ImageSpace]
bDoDepthOfField = 0
bDynamicDepthOfField = 0
bMBEnable = 0
bLensFlare = 0
bScreenSpaceBokeh = 0
bDoRadialBlur = 0

を追記

マウス加速(アクセラレーショ)の無効化

項目を追加することで無効化できます

[Controls]
bMouseAcceleration=0

Fallout76Prefs.iniの方には

[Display]
bForceIgnoreSmoothness=1

を追加してください

視野角(FOV)の変更

人間の自然な視野角が90度前後が酔いにくいといわれています。
デフォルトは70位?
Fallout76Prefs.ini/Fallout76.ini両方に

[Display]
fDefaultWorldFOV=〇〇〇←1人称視点はここに好きな数字を入れる
fDefault1stPersonFOV=〇〇〇←3人称視点はここに好きな数字を入れる

を追記(既にあれば修正)

スクリーンショットの保存先を変える

追記

[Display]
SScreenShotBaseName=〇〇〇←ここを好きな保存先フォルダに変える。

ベセスダロゴムービースキップ

下記内容を追記する

[General]
SIntroSequence=0

※これはFallout76Custom.iniで追加したときのみ有効です。Fallout76.iniでは無効でした。注意してください

Fallout76Prefs.ini用の編集項目

ワイドディスプレイにサイズを合わせる

[Display]
iSize H=XXXX
iSize W=YYYY

の項目を編集する。
XXXXは縦、YYYYは横の解像度なので(XXXX,YYYY)=(1080,1920)(1080,2560)や(1440,3440)
のように項目を画面サイズに変更する

144fps出力したい

fallout76prefs.iniのiPresentintervalの項目を1から0に書き換えて保存すると60hzから144hzにアンロックされる
※FPSを上げるとゲーム内のシミュレーションも加速するなどバグが出やすくなります。できるだけ60FPSのままがいいかもしれません。

ウィンドウ化したい

bBorderless=1を
bBorderless=0
に変更する


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 16:46:29 (251d)